デルポイのアポロン神殿デルポイのアポロン神殿

ソポクレス作『オイディプス王』No.3
オイディプス王の故郷コリントスからの使者。コリントス王が死に、オイディプスを王に迎えたい旨を伝えます。
しかし、オイディプス王は神託〈父親を殺し、母と交わり、忌わしい子をなすだろう〉をいまだ恐れています。だから、帰ることはできません。
その時、オイディプス王は使者から思いもよらなかった事実を明かされます。さらに、決定的な元ライオス家の羊飼いの証言が……

オイディプス王[3]王の悲惨な出自と運命

ソポクレス作『オイディプス王』No.3
コロス(合唱隊)=テーバイ市の長老

(都市テーバイ。王の館の前庭。神官とコロス、市民がゼウスの祭壇の前に)

「王の死」を伝えるコリントスからの使者

(王妃イオカステ、登場)

王妃イオカステ
アポロン様、お願いにまいりました。オイディプス王は恐れおののいております。穢れをはらう救いを賜りますように。

(コリントスからの使者、登場)

コリントスの使者
オイディプス王のお館はどちらでございましょうか?
王妃イオカステ
よそのお方、ここが王の館、私がその妻です。
コリントスの使者
お妃様、王様に悪い知らせと良い知らせがございます。
王妃イオカステ
悪い知らせと良い知らせ? なにやら不吉な胸騒ぎがいたします。
コリントスの使者
まずは悪い知らせですが、オイディプス王の父コリントスのポリュボス王がお亡くなりになりました。
そして良い知らせは、オイディプス王をコリントスの王に迎えたいとのことでございます。
王妃イオカステ
おお、それでは王様はもう父親殺しを恐れなくて良いのですね。だれか、王様を呼んでまいれ!

(オイディプス王、登場)

オイディプス王
なに、コリントスの父上が亡くなったと。
おお、予言では父上を殺す運命にあったのに、もはや予言など信じることがあろうか!
王妃イオカステ
だから、前からそう申しあげていたではございませぬか。
オイディプス王
とはいえ、母上の寝所を恐れないわけにはいかぬ。
使者
怖がっておいでなのは、どなたでございますか?
オイディプス王
ポリュボス殿のお妃メロぺ様だ。
使者
して、あの方の何が恐ろしいのでしょうか?
オイディプス王
アポローン神はこう告げたのだ。
父親を殺し、母と交わり、忌わしい子をなすだろう〉と。

オイディプス王の悲惨な出自

使者
それは心配にはおよびません。ポリュボス様と王様とは、なんの血の繋がりもございませんから。
オイディプス王

なんと申す? ポリュボス殿はおれの父親ではないと。
使者
ポリュボス様にはお子がなかったため、私が差し上げたのでございます。
オイディプス王
それでは、お前がおれの父上か、それともおれを買い取ったか、もらったのか?
使者
キタイロン山の谷間で、羊番をしている時にもらったのです。
オイディプス王
その時のおれは、どんな目にあっていたのか?
使者
あなた様のお御足のくるぶしが貫かれていましたので、抜いてあげました。
オイディプス王
いかにも、赤子の頃に受けた恐ろしい恥辱の印!
使者
それで、腫れた足を持てる=オイディプスとの名が付いたのでございます。
オイディプス王
では、おれの両親を知っているのか?
使者
私は存じませぬ。私にくれた羊飼いが知っているはずです。
オイディプス王
それは誰だ。はっきりと申し立てられるか?
使者
確かライオス家の羊飼いだと呼ばれておりましたような。
オイディプス王
かつてのテーバイ市の王のことか?
使者
まさしく、その羊飼いです。
オイディプス王
(コロスに)誰か、この者の言う羊飼いを知っている者はおるか?
ことが明らかになる時が来たのだ。
コロス
その者とは、王様が会いたいと仰せられた者と存じます。ここにいらっしゃるイオカステ様が一番よくご存知のはず。
オイディプス王
妃、さっき召し寄せたあの者のことか?
王妃イオカステ
お願いでございます。お命が大切なら、これ以上の詮議はおやめください。
わたくしの苦しみだけで、もうたくさんでございます。
オイディプス王
懸念には及ばぬ。おれの母が奴隷であっても、そなたが卑しい身分にはならぬ。
王妃イオカステ
わたくしの言う通りにしてください。これ以上の詮索はおやめなされませ。
オイディプス王
いや、このことは突き止めぬわけにはいかぬ。
王妃イオカステ
おお、不幸なお方。ご自分の素性をけっしてお知りになりませぬように!
オイディプス王
かの羊番をここに連れてまいれ!
王妃イオカステ
おお、哀れなお方! これが最後でございます。

(王妃イオカステ、退場)

コロス
どうなされたのでしょうか。お妃様は、狂おしいばかりのご悲嘆! 不幸が堰を切って、どっと起こりはせぬかと心配です。
オイディプス王
妃は気位の高い女。おそらくおれの下賤の出を恥じているのであろう。

オイディプス王オイディプス王

かつてのライオス家の羊飼いの告白

(王妃の召使いに引き立てられて、老いた羊飼い登場)

オイディプス王
コリントスの客人、これがそなたの言う男か?
コリントスの使者
まさしく、この老人です。
オイディプス王
おい、お前はかつてライオス殿に仕えて、どんな仕事をしていたのか。
羊飼い
キタイロン山やその近くで羊番などをしておりました。
オイディプス王
その時、この客人と知り合いになったことは覚えているか。
羊飼い
覚えが悪くて、すぐには思い出せません。
コリントスの使者
もっともでございます。殿様。ですが、思い出させましょう。
キタイロン山で、私は一群、この男は二群の羊をつれて、春から秋まで三度一緒に暮らしました。(羊飼いに)どうだ、思い出したかな。
羊飼い
おお、そうであった。はるか昔ことだな。
コリントスの使者
その時、おれに子供をくれた覚えがあろう。ここにおわす王様が、あの時の赤児なのだ。
羊飼い
なんと、大それたことを申すのだ。それ以上は黙っていてくれ!
オイディプス王
この男を責めるな。素直に申さぬば、無理にでも言わせようぞ。
羊飼い
いやいや、年寄りを酷い目にあわせないでくださりませ。
オイディプス王
正直に申し立てぬと、縛り上げるぞ。子供をこの者にやったか。
羊飼い
やりました。ああ、あの日に死んでしまえばよかった。申せば、この身の破滅。

明らかになったオイディプス王の出自

オイディプス王
その子はどこから得たか? お前の子か、それとも誰かの子なのか?
羊飼い
さるお方から受け取りました。
オイディプス王
誰から受け取ったのだ。
羊飼い
王様、お願いです。これ以上はお聞きくださいますな。
オイディプス王
もう一度おれに尋ねさせたら、死罪だぞ。
羊飼い
ライオス様のお家の子でございます。奥方様からお受けしました。
オイディプス王
何のためだ。
羊飼い
その子をわたくしめが殺めるためです。
オイディプス王
自分の子を? なんと非常な!
羊飼い
神託を恐れてのことです。その子が父を殺すであろうとのアポロン神の神託です。
オイディプス王
なにゆえに、この者にゆだねたのか?
羊飼い
憐みからでございます。他国に連れ去られれば、神託は成就されないとの願いからです。
オイディプス王
おお、これで全ては明らかになった。おお、光よ。これがお前のみおさめだ。
生まれるべきでない人から生まれ、交わってはならぬ人と枕を交わし、害すべきでない人の血をを流したこのおれの!

(オイディプス王、館の中に走り込む)

コロス
汝は我らが王と呼ばれ
至高の君と崇められ
大いなるテーバイを統べるお方。
されど今や、彼にまされる不幸を耳にすることあらんや。
荒れ狂う禍い、運命の変転に悩みを共にする者あらんや。
ああ、名高きオイディプス
同じき広き港
子と父に結びの床を供しぬ
いかなれば、いかなれば父の畑が、憐れなる人よ
かく久しくおん身を無言に忍び得しや。

オイディプス王[4]王妃の自殺と両眼を自ら刺す王

アポロンの地獄アポロンの地獄 [Blu-ray]
父を殺したオイディプス王の神話を、
美しい映像と音楽で描き出す
鬼才パゾリーニの大傑作!

おすすめの記事