キュクロプス(一眼巨人)キュクロプス

エウリピデス作【キュクロプス】No.1

『オデュッセイア』第9歌の題材キュプロプスをサチュロス劇にしたエウリピデス。しかし、『オデュッセイア』には、サチュロス族やその一人シレノスは出てきません。

また、悲劇の間に演じられるため、かなり卑わいなサチュロス族を登場させて笑わせています。ここでは、酒を飲んだシレノスの卑わいな仕草は省いています。説明するとかなり長くなってしまいます。(原作を読んで楽しんでください)

オデュッセウス達が漂流して着いたところは、一眼巨人族キュプロプスが住んでいるシシリー島です。そして、オデュッセウス達が水と食料を求めてやってきた洞窟には、ポセイドンの子ポリュペモスにつかまった半人半獣のサチュロス族がいました。

エウリピデス作キュクロプス』No.1
コロス(合唱隊)=サチュロス族。老人シレノスもその一人。彼らは主人・酒神バッカスを探していて嵐にあい遭難。ポリュペモスに捕われて奴隷にされていました。

(エトナ山のふもと。キュクロプスの住居・洞窟の前)

キュクロプス[1]オデュッセウス一行の漂着

サチュロス族の老人シレノス

サチュロス族

サチュロス族

(サチュロス族の老人シレノス、登場)

シレノス
嫉妬なさったゼウスの妃ヘラ様が海賊どもをけしかけて、バッコス様を遠国に売り飛ばそうとなさってる、と聞きまして、探しに出かけた我ら。嵐にあって、このエトナ山の近くに打ち上げられたわけです。
ここにはポセイドンの子たち、人食い一眼巨人族が住んでいました。その一人ポリュぺモスに捕まってしまったのが運のつき、奴隷にされているしまつで。
年取ったわしは、洞窟の掃除と食事番。わしの息子と若いやつらは山で羊番。ほれ、息子らが歌いながら帰ってきた。

コロス
しっ しっ! ここがいやなのか?
露に光ったこの丘が?
さあおいで さあおいで!
羊を飼って野山で暮す
ーつ目小僧の洞窟の門をふたする大石を
そうれ 投げてやろうかい。

お懐かしいバッコス様、
どこへひとり旅をなさっていらっしゃる
黄金の髪をなびかせながら?
あなたにお仕えするわたくしどもは
このなさけない山羊の皮を着て
ーつ目のキュクロプスに使われておりまする。
お懐かしいあなたからも
ふるさとからも遠くはなれて。

シレノス
おい、静かに。羊を洞窟に入れるよう言いつけろ。
コロスの長
(手下に)連れていけ! 何を慌てているのです。
シレノス
ギリシャの船が海岸に見えるのだ。指揮者と水夫がこっちに向かってくる。空の容器を担いでいるので、水と食料が欲しいのだろう。
気の毒なことだ。ここの主ポリュぺモスがいかに残酷か知らぬようだ。一つ目の餌食になろうとは、運の悪い話だな。

オデュッセウス達、キュクロプスの洞窟に

(オデュッセウス、水がめと食糧入れを担いだ部下たち登場)

オデュッセウス
サチュロスのみなさん、ここはバッコス様の国でしたか。イタケからきたオデュッセウスと申す。
水が汲める川の場所を教えて欲しいのだが。また、食料も分けてもらえればありがたいのだが。
シレノス
オデュッセウスとな、知ってるぞ。抜け目のないお喋りだとか。どこからやってきた?
オデュッセウス
トロイアから。荒らしに流されて否応なしに。ここはどこで、どんな人たちが住んでいるのです?
シレノス
ここはエトナの山のふもと、シシリーで一番高い。また、人は住んでいない。一つ目族が洞窟に住んでいる。
奴らの食料は乳とチーズ、羊の肉だけ。それと、旅人の肉が一番うまいと言っておりますな。
オデュッセウス
なんですと。人間の肉を食うが好きなのですか!
シレノス
ここに来た人間で助かった者はいない。今山に出かけているので、助かったな。

酒神バッコスの子マロンの神酒

オデュッセウス
我らを脱がしてくれますか。食料も分けてくださらぬか? その代わりに、バッコス様の神酒を差し上げます。
シレノス
嬉しい言葉、もう酒はずいぶん飲んでいないからな。
オデュッセウス
バッコス様のお子マロン様がくださった酒ですぞ。
シレノス
マロン様? この腕に抱いてお育てした、おお、懐かしい。
オデュッセウス
この革袋に入っています。
シレノス
これっぽっちか!
オデュッセウス
いやいや、いくら飲んでも、その2倍は残っているという革袋ですよ。盃もあります。(酒を注ぎ、シレノスの鼻先に)どうです?
シレノス
これは、これは、なんという豊潤な香り!
オデュッセウス
では、チーズと子羊を分けてください。
シレノス
ありとあらゆる羊に変えても、この一杯が飲みたかったものだ。
もう、主人のことなど構うことはない。キュクロプスの阿呆どもには、吠えづらかいてもらいましょう。

(シレノス、洞窟の中へ入る)

コロスの長
もしもし、オデュッセウス殿。トロイアを攻め落として、ヘレネを取り返したのは本当ですか?
オデュッセウス
本当だ。プリアモス王の一族はことごとく滅ぼした。
コロスの長
ヘレネとも、代わるがわるやったのでしょ。男を変えて喜ぶ女ですからな。操なんて、これっぽっちもない!
だいたい、女なんてものはいない方がましというもの。

キュクロプス、帰ってくる

(シレノス、チーズと羊を担いで現れる)

シレノス
オデュッセウス殿、チーズと羊でさ。さっさとこの洞窟から、立ち去られることですな。しまった、帰ってきたぞ!

(キュクロプス、洞窟の前にやってくる)

オデュッセウス
ご老人、どこへ逃げたものだろう?
コシレノス
洞窟の奥へ、見つからずにすむかもしれぬ。
オデュッセウス
なんと、罠の中へ飛び込むようなものではないか!
シレノス
洞窟は広い。隠れる場所はそこら中にある。
オデュッセウス
なんと、トロイアの大群を滅ぼしたのに、たった一人の敵を恐れて逃げることになるとは。さぞかし、トロイアが泣くであろう。
死なねばならぬ時は、立派に死んでみせよう。誉は傷つけたくないものだからな。

(オデュッセウスと部下、シレノス、少し後からキュプロス洞窟の中へ)

キュクロプス[2]オデュッセウス、神酒で酔いつぶし作戦

おすすめの記事