このギリシャ・ローマ神話3つのポイント
  1. 老いた海神プロテウスの予言
  2. 海の女神テティスvsユピテル(ゼウス)の孫ペレウス
  3. トロイア戦争の原因となったテティスとペレウスの結婚
    ※神の名前は、ローマ神話名(ギリシャ神話名)です。

老いた海神プロテウスの予言

ある日、老いた海神プロテウスが、テティスに言いました。

「海の女神よ、身ごもるがよい。あなたは、ひとりの若者(アキレウス)の母となるであろう。その若者は成人した暁には、父親の業績をしのぎ、父よりも偉大な者と呼ばれるであろう」

ユピテル(ゼウス)が、海の女神テティスと結ばれることを避けた理由です。ユピテルは自分より偉大な者が、この世に生まれては具合が悪いのです。

海の女神テティスvsユピテル(ゼウス)の孫ペレウス

女神テティスvsペレウス女神テティスvsペレウス

テッサリアの入江の近くに、テンニンカの木立があります。イルカに乗った裸のテティスは、その中ほどにある洞穴に昼寝するためよくやってきます。

寝ているテティスを、ペレウスは襲いました。とうぜん、女神は抵抗し鳥に変身すると、彼は翼をつかみ逃しません。次に女神が大木に変身すると、彼は抱きつきます。さらに女神が虎に変身すると、さすがのペレウスも恐ろしくなり、身を引いてしまいました。

ペレウスは海の神々に祈りました。酒を注ぎ、羊の臓物を供え、香をたきます。すると、予言の力をもった老いた海神プロテウスが、渦巻く波間から現れ言いました。

「ペレウスよ、お前はテティスを花嫁にできるだろう。洞窟で眠っている女神に悟られぬよう、罠と強靭な綱で縛り上げるのだ。女神が何に変身しようと、もとの姿に戻るまでじっと取り押さえていることだ!」

トロイア戦争の原因の原因となったテティスとペレウスの結婚

太陽神ヘリオスの車駕が、西の海に迫ろうとしていた時、テティスは再び洞窟にやってきて眠りました。ペレウスは老いた海神プロテウスの言う通りにしました。

今度は、女神テティスが何に変身しようと、ペレウスはじっと我慢し、女神の上におおいかぶさっていたのです。

女神テティスもついにあきらめ、ペレウスにこう言いました。「わたしの負けだわ。これも、大神のおはからいでしょう」
こうして、人間ペレウスは、女神テティスを花嫁にできたのです。

彼らの結婚の宴に投げ入れられた黄金のリンゴが、ユノ(ヘラ)、ミネルウァ(アテナ)、ウェヌス(アフロディテ)の争いとなり、ユピテル(ゼウス)はパリスに審判を委ね、あのトロイア戦争の原因になりました。

また、ペレウスと女神テティスの子が、あの偉大なアキレウスです。

ペレウスと女神テティスの結婚ペレウスと女神テティスの結婚の宴

おすすめの記事