※本ページにはプロモーションが含まれています。

アルケスティスの死アルケスティスの死

あなたは、愛する人のために死ねますか?

アドメトスは妻アルケスティスの死を悲しみますが、妻の死を隠して友ヘラクレスをもてなします。また、自分の身代わりになって死ななかったと言い、父ペレスと母親を罵るアドメトスでした。

しかし、妻を死なせてまで生きながらえるアドメトス自身、父親に文句を言えるのでしょうか? アドメトスには、人間のいろいろな矛盾があります。ここに、深い洞察をする悲劇作家エウリピデスがいます。

エウリピデス作アルケスティス』No.2
コロス合唱隊)=町の長老たち

(テッサリアのペライ市、領主アドメトスの館の門前、右高台にアポロン神)

アルケスティス[2]友ヘラクレスをもてなし、父ペレスを罵る

アルケスティスの死に悲しむ人々

(アルケスティスの息子エウメロスと娘が、母にすがりついています)

コロス
アルケスティス様は、逝っておしまいになった。もうこの世においでになりません。アドメトス様、人は皆、死んでいきます。耐えるしかありませぬ。
アドメトス
それはよくわきまえておる。前より、この日が来るのはわかっていたのだから。よいか、今より1年間は、楽しい賑わいの笛の音、竪琴の調べも聞こえてはならぬ。

(アドメトス、アルケスティスの亡骸と館の中へ)

コロス
生みの母親も年老いた父親も、息子のためには死のうとしなかった。それでも、アルケスティス様は花も盛りの若い身で、夫に代わって世を去った。
このような伴侶を私たちも持ちたいもの。

アドメドスの友ヘラクレスの難業

(ヘラクレス、棍棒を手に獅子の皮を肩にかけて登場)

ヘラクレス
みなさん、アドメトス殿には館の中で会えようか。

コロス
ヘラクレス様、アドメトス殿は館の中においでだが、いったい何のご用でこのテッサリアまでお越しでしょうか。
ヘラクレス
ティリュンス王エウリュステレスの難業で、トラキアのディオメデスの4頭立てをもらいうけにな。
道すがら、友に会いに来たというわけだ。
コロス
それは大変な難業ですな。ディオメデスの馬は、その口で人をも引き裂くそうですよ。
ヘラクレス
その飼い主は、何者なのだ。
コロス
ディオメデスは、軍神アレースの御子ですぞ。(トロイア戦争の英雄ディオメデスとは別人)

ヘラクレス
アレースの御子か。なるほど、難業がますます厳しくなってくるな。

ディオメデスの人食い馬ディオメデスの人食い馬

ヘラクレスに妻アルケスティスの死を隠すアドメドス

(アドメトス、登場)

アドメトス
よくおいでくださった、ゼウスの子ヘラクレス君。
ヘラクレス
アドメトス君、お元気で何よりです。しかし、なんで髪を切り、そんな葬いじみた格好をしているのかね。
アドメトス
これから、ちょっと葬式に行くところなのです。
ヘラクレス
お父上か誰かが、お亡くなりになったとか。
アドメトス
父も母も、にくたらしいぐらい元気ですよ。
ヘラクレス
よもや、奥方のアルケスティス様が亡くなったとか。
アドメトス
あれが受ける運命をご存じないのですか。
ヘラクレス
知ってます。あなたの代わりに死ぬことになったとか。でも、まだ生きておられるなら、お嘆きは早い。死人は、身内の一体どなたなのですか。
アドメトス
親戚の女ではあるが、大切な者、だから悔やんでいるのです。
ヘラクレス
では、そんな折ならば、他の知り合いの家で厄介になるとしよう。
アドメトス
他の家へなんて、とんでもない。
(従者に)お前が客室にご案内しなさい。しっかり饗応するように。
(耳元へ小さな声で)中庭への扉は全て閉じるように。饗応の場に愁嘆の声が聞こえては、客人に失礼になる。

(ヘラクレスと従者、退場)

アドメトスと父ペレスの争い

コロス
アドメトス様、奥様の葬式の日に、なぜ客人を泊めなさるのですか。
アドメトス
せっかく訪ねてくれた客人だ。訳を話せば、あるいは気がついても、ヘラクレス君は決して私の館の中には入らぬ。
コロス
アドメトス様、殿のお父上ペレス様がやってきました。

(アドメトスの父ペレス、葬儀の供物を持って登場)

ペレス
息子よ、堪え難いにせよ、耐えねばなるまい。この装身具をつけて、丁重に黄泉の国に送ってやってくれ。息子の命の恩人、我が家系もなくならずに済んだ。誠に立派な妻といえよう。
アドメトス
あなたは葬式の参列の数に入っていません。装身具などもいりません。ご同情するなら、私が死にかけていた時にするべきでした。それを、年寄りの身で若い者を死なせておいて、悔やみごとをおっしゃるのですか。

人生の終わりに来ていながら、一人息子に代わって死のうという意思も勇気もなかったのですか。全く意気地の無さでは世界中の誰にも引けをとらない。年寄りが早く死にたいと願うのは、まったく口先だけのことなのですね。
私はけっして、あなたと母の葬式をすることはないでしょう。
ペレス
生意気な。あまりに父を侮辱している。お前のために死ぬほどの恩義を、お前からは受けてはおらぬ。また、先祖代々、親は子の身代わりになって死なねばならぬという掟などない。そんな掟などギリシャだけでなく、世界中どこにもないぞ。

わしのために死んでくれるな、私とてお前のためには死なぬ。その上、自分の死を棚に上げて、天の理を曲げて妻に身代わりになってもらった。そんなお前こそ、恥知らずな卑怯者ではないか。アルケスティスの兄アカストスが、きっと妹の血に復習するであろう。
アドメトス
(父親を無視しながら)さあ、我々はアルケスティスの亡骸を火葬にする支度をしよう。

(ペレス退場。一同、アルケスティスの棺を担いで退場)

おすすめの記事